進行中のプロジェクト
 / ニュース / マレーシア国境全面的開放! 渡航制限が全面解除、日本からも隔離なしで入国可能に!
マレーシア国境全面的開放! 渡航制限が全面解除、日本からも隔離なしで入国可能に!

マレーシア隔離なしで入国可能に

※2022年4月3日、最新情報追加。海外保険加入についてなどを追記していますので、必ずご確認ください。

また、マレーシア政府や該当省庁、及び日本外務省発表の渡航に関する最新情報をご確認の上、渡航の検討をしてください。

2022年3月8日、マレーシアのイスマイル・サブリ首相は会見を行い、2022年4月1日よりマレーシア国境を全面的に開放することを発表しました。
これにより、2020年3月18日に施行されたMCO(Movement Control Order=活動制限令)以降、約二年に渡って自由な行き来が制限されていたマレーシアの入国制限はほぼ撤廃されることとなり、観光でのマレーシア入国ができるようになります!

マレーシア国内で出入国時の諸々制限のために日本でマレーシアへの渡航を今か今かと待ちわびていた人達にとっても、そして日本への里帰りを我慢していた人達にとってもとても嬉しいニュースです。

【2022年4月1日以降の日本からマレーシアへの入国のポイント】

※マレーシア滞在を終えて日本へ帰国する際のポイントは下記表をご参照ください。

マレーシア渡航条件

【1】マレーシア入国の制限についてはほぼ完全撤廃!

・マレーシア国民 → 自由な出入国が可能

・外国籍 → 基本的に自由な出入国が可能(各国に設けられたビザ条件に則る)

日本国籍者については、事前申請不要の観光ビザ(いわゆるノービザ)にて入国可能。

MCO以降に必要だったMyTravelPassによる申請と承認は不要。

【2】ワクチン接種の有無による入国時の隔離条件について

・ワクチン接種完了 → 入国時の隔離不要

・ワクチン接種未完了/17歳以上 → 入国時の隔離必要 期間:5日間

・ワクチン接種未完了/17歳以下 → 隔離不要

※「ワクチン接種完了」とは

二回の接種が完了して所定の期間14日間が経過していることが認められたことを示します。

(※一回接種型ワクチンの場合は、一回の接種が完了して所定期間28日間が経過していること)

(※2022年4月3日時点。今後、三回接種が適用される可能性もありますので渡航時の最新情報をチェックしてください。)

ワクチン接種未完了者については隔離終了後のマレーシア滞在時において、マレーシア政府の定めるSOPによってレストラン店内での飲食が認められないなどの制限が適用となりますのでご注意ください。(※コラム後半でもご確認ください。)

【3】渡航前及び渡航後のPCR検査等について

・入国2日前のPCR陰性証明書(英文) → 必要(陽性の場合は出発地より搭乗不可)

・入国後24時間以内のRTK-Ag(迅速抗原検査) → 必要

【4】マレーシア渡航前に必要な事務手続き

・コロナ関連情報管理アプリ「MySejahtera」(マイスジャテラ)のインストールと必要情報の登録

・日本でワクチン接種が完了している場合 → MySejahteraへのワクチン接種証明の登録

証明の承認まで5営業日程度かかることが確認されていますので、日数に余裕を持った登録が必要。

※承認が反映されない場合に備えて、必ず接種証明書の原本も持参要

・海外旅行保険の加入。

短期旅行者は旅行期間をカバーする旅行保険を事前に購入が必要。マレーシア入国後に新型コロナウィルス感染が確認された場合の治療・入院費として最低2万USドルの補償額が必要。

※クレジットカード付帯の海外旅行保険も適用になることがありますが、疾病治療補償がマレーシア政府の定める最低額2万USドルに届いているかなど、必ず条件確認をした上で必要な保険の選択をおすすめします。

MySejahteraの「Traveller」ページの「Pre Departure Form」から情報の登録(氏名など個人情報から健康状態の申告など)

→ワクチン接種証明書の登録完了まで済むと、マレーシア入国の際に提示する「Travellers Card」がプロファイルページに表示されるようになる。

・【3】に記載した渡航前PCR検査

・医療上の理由でワクチン接種ができない場合 → 例外措置の適用が検討可能。ワクチン接種不可能な理由が明記された医師の診断書と共に、MySejahteraで保健省に申告。※時間がかかる場合があること、必ずしも承認はされないことを考慮し、時間に余裕を持った手続きが必要。

【5】マレーシア入国の際のチェックポイント

・入国の際のイミグレーションでのチェックは、上記で記した登録が完了して提示できれば、あとは通常の入国審査と変わりません。

RTK-Ag(迅速抗原検査)を受ける。

到着後24時間以内に、空港内の検査施設、またはマレーシア国内の医療施設にてRTK-Ag(迅速抗原検査)を受け、陰性を確認する。

※ここで陽性が確認された場合は7日間の隔離が課されます。

【SOPなどの変更内容は?4月1日以降のマレーシアでできることと注意したい点】

マレーシアでは2020年3月からスタートしたMCOによって、段階的に飲食店や娯楽施設などといった人が集まる場所でのSOPについて改定を重ね、現在ワクチン接種完了者はほぼ問題なく日常生活を送れています。

例えば、下記のようなことはスペースに合わせた人数や時間制限を設けることで、ほぼ通常と同じ形で行うことができていますが、4月1日以降は人数制限などのSOPは完全に撤廃、営業時間などについても規制がなくなるため、文字通り完全に通常の暮らしに戻ることとなります。

・国内の自由な行き来や旅行

・レストランやバーでの飲食

・ショッピングモールでの買い物

・スポーツジムなど屋内での運動、ゴルフ場やフットサルなどの屋外での運動

・学校への登校(学校によって人数制限や陽性者発生時の休校措置は異なるので注意)

・屋内・屋外イベントの開催

・結婚式や宗教行事

ただしSOPの撤廃は行われても、下記については継続となります。

・公共の場でのマスク着用義務

・施設への入場の際のMySejahteraによるQRコードスキャン登録

・ワクチン接種未完了の場合、飲食店での店内飲食や公共機関への入場不可。
*一部のショッピングモールも不可の場合あり。

上記三点については外国籍の旅行者にも適用となります。時折警察や保健省による抜き打ちチェックでの摘発も報告されており、違反者には厳しい罰金措置が設けられていますのでくれぐれも怠らないように気を付けてください。

【マレーシアへの入国再開と渡航制限全面解除についてのまとめ】

今回の記事では2022年3月8日と9日にマレーシア政府より発表された、エンデミックへ向けた最新情報をお届けしました。

国境の開放は、マレーシアへの渡航を待ち焦がれていた人達に朗報であると同時に、マレーシアの人達にとっても経済がより明るくなっていく兆しが見えることになり、誰にとっても嬉しい良いニュースとなりました。
今後運用が進むなかで変更や追加点も出ることもありますので、その際は随時追記をしていきます。ぜひチェックをお忘れなく!

※2022年4月3日、最新情報を追加していますので、必ずご確認ください。

«

Contact

お問い合せ

どんな些細な事でも結構です。ご相談、お見積りなど、お気軽にご連絡ください。