進行中のプロジェクト
img

海外移住にマレーシアはおすすめ?生活拠点を移すよくある理由と移住計画の立て方

 / コラム / 海外移住にマレーシアはおすすめ?生活拠点を移すよくある理由と移住計画の立て方
2021.02.16

「今後の生活拠点を海外に移したい。」
海外移住を考え出すと、移住先として人気のマレーシアが候補として挙がるのではないでしょうか。

「生活拠点にオススメの国はどこ?」
「移住するために調べることは何か?」
「移住の相談に乗ってくれる人はいないだろうか?」
など、移住についての情報は探しにくいもの。

そこでこの記事では、マレーシアに移住するために必要な情報をまとめました。
この記事を読むと、マレーシアへの移住で気をつける点や準備についてわかります。
ぜひ、ご一読ください。

こんな人はマレーシアに生活拠点を移すとおすすめ

マレーシアは「日本人が住みたい国No.1」に14年連続で選ばれるほど日本人に大人気です。

どのような人がマレーシア移住にオススメかご紹介します。

日本と気軽に往復したい

日本とマレーシアは気軽に往復したい人にオススメです。
日本とマレーシアは距離が近く往復しやすいためです。
直行便を利用すると7時間半で、日本からマレーシアに到着します。

以下の空港から直行便を利用できます。
・羽田空港
・成田空港
・関西国際空港
・福岡空港
・新千歳空港

経由便を利用する場合は、中部国際空港から11時間半でマレーシアに到着します。

また、航空券代が安いことも気軽に往復できるポイント。
LCCを利用すると3万円〜5万円で渡航できることも。

日本とマレーシアを気軽に往復したい人にオススメです。

子供の英語教育移住

マレーシアは子供の英語教育のための移住先として人気です。
なぜなら、英語教育の環境が充実しているためです。

具体的には以下のメリットがあります。
・インターナショナルスクールの学費が安い
・日常的に英語を使う
・多文化・多様性が生じる環境の中での異文化教育

インターナショナルスクールの学費が安い

マレーシアのインターナショナルスクールの年間の学費は50〜70万円です。
日本の場合、年間の学費は約200万円のため、かなり安くインターナショナルスクールに子供を通わすことができます。

日常的に英語を使う

マレーシアでは日常的に英語を使える場面が多いです。
現地で英語を話せる人が多いため、以下のような場所でも英語を使えます。
・ホテルやレストラン
・ローカルの屋台
・工事業者

異文化教育

マレーシアは多様な人種で構成されているため、自然と異文

化を学べます。
マレーシアの人種構成は
・6割 マレー系
・3割 中華系
・1割 インド系
です。人種や宗教の違いを自然と学ぶことができます。

上記のように日常的に英語と異文化に触れるため、英語教育をしやすい環境です。

退職後、リタイアメントして老後を過ごしたい

東南アジアは日本と比べると物価が安いため生活がしやすいです、
物価の安い国を選べば、月10万円で日本の30万円レベルの生活ができます。

また、銀行の金利が日本より高いという特徴があります。
マレーシアの場合、銀行の平均金利が3%です。
日本のメガバンクの金利0.02%と比較すると150倍の金利。

物価が安く金利が高いため、リタイア後の生活をしやすい環境です。

ビジネスで海外に拠点を移したい

マレーシアは、日本と比べて税率が圧倒的に安いため、ビジネスの拠点にオススメです。
日本の最高税率は約50パーセントですが、ラブアン島のフィナンシャルセンターで海外法人を登記した場合、最大の税金が利益の3%です。
例えば、売上が1億円の場合。
日本では約5000万円が法人税として引かれますが、マレーシアだと法人税が300万円。

ある程度の売上があるビジネスを展開している場合は、マレーシアにビジネスの拠点にすることをオススメです。

旅と日常を楽しみたい

マレーシアの気候は1年を通して30度前後。
暖かい気候のためのんびり

日常を楽しむことができます。

また、マレーシアの空の玄関口「クアラルンプール国際空港」はアジア最大級の大きさを誇ります。
各都市へ充実したフライトがあるため、旅が好きな人には絶好のロケーションです。

最低限、海外移住までに調べておくこと

実際に、海外移住を検討する場合にどのような点に気をつければいいでしょうか。
海外移住するまでに最低限、調べておくことについてまとめました。

居住国・滞在先の選定

まずは、居住国・滞在先を選びましょう。
そのためには、何のために海外移住をするのか、目的を明確にしましょう。

例えば
・異文化に触れる
・英語を学ぶ
・旅を楽しむ
・ビジネスをする
・暮らしやすさを重視する
など。

まずは目的を明確にして、ベストな居住国・滞在先を選びましょう。

費用

移住する際に必要な費用の計算をしましょう。

海外移住するときは、最低でも150万程度の準備をオススメします。
なぜなら、予想よりも様々な費用がかかることが多いためです。

マレーシアに移住する場合は以下の費用が必要です。
・移動にかかる費用 20万円前後
・生活にかかる費用 100万円前後
・ビザ取得費用 20万円前後
・引越しにかかる費用 10万円前後
・その他 10万円前後

また、居住するエリアの賃料はしっかりと調べましょう。
物価の安い国でも人気のエリアやコンドミニアムは、日本と賃料が変わらない場合があります。

国の文化・食・宗教

居住国の文化・食・宗教も事前に調べる必要があります。

日本は単一民族単一言語のため、あまり異文化や宗教について意識せずに生活できます。
しかし、海外の場合は多民族であったり多言語のこともあります。

住みたい国と日本の関係性を調べて置きましょう。

また、日本は衛生環境が非常にいいですが、東南アジアは熱帯のため虫が多いことが特徴。
飲食店や自宅であっても虫がよく発生します。

食事も日本とはかなり違うため、自分に合う食文化かどうかは調べましょう。

ビザ

長期滞在するために必要なビザと申請要件を調べましょう。

マレーシアでは長期滞在のビザ「MM2H」です。
ただし、「MM2H」の発行はコロナの影響で停止されています。
新たな申請要件をマレーシア政府が調整中です。(2021年1月4日現在)

現在、長期滞在が可能なビザは、サラクワ州が独自に発行している「S-MM2H」です。
MM2Hより申請要件が厳しいですが、50歳以上の場合は取得しやすいビザです。

50歳以上であれば以下の条件で取得可能です。
・有効期限 5年
・資産証明なし
・夫婦で収入証明がやく25万円あれば可能。
・居住場所の制限なし

病気

気候や衛生環境が違うため、病気には注意する必要があります。
熱帯気候の地域では、日本ではあまりなじみのない病気があります。

・デング病
・マラリア
・急性胃腸炎
・腸チフス
・A型肝炎・B型肝炎
など。

事前に気候や衛生環境の違いを理解して、病気に注意して移住しましょう。

海外の移住フェアで移住体験してみる

さらに詳しい情報を知りたい場合は移住フェアに参加してみましょう。

海外移住フェアでは、移住に関しての詳しい情報を入手できます。
移住経験者のトークであったり、現地の最新の情報など。
実際に移住体験をした人の話を聞くことで多く、疑問点が解消されます。

海外移住コーディネーターに相談

移住コーディネーターに相談する
移住コーディネーターとは、現地情報に精通している移住のアドバイザーです。

今のライフスタイルや移住後の理想のライフスタイルを聴き取りアドバイスをしてくれます。
移住を検討しているなら一度相談してみるのがいいでしょう。

海外不動産も検討もあり

海外に移住するなら海外不動産を検討してみるのもいいでしょう
なぜなら、物価が安く購入しやすいからです。
人気のコンドミニアムが1000万円台から購入することができます。

また、東南アジアは経済の発展が見込まれるため、今後の不動産価格の上昇が期待されます。

海外に移住するなら海外不動産の購入を検討してみるのもいいでしょう。

まとめ

マレーシアに海外移住を検討している人に向けて、移住計画を立てるポイントについて解説しました。
海外に生活拠点を移すと、さまざまな面でメリットがあります。
日本との往復や子供の英語教育。
老後生活やビジネスの拠点として活用するなどさまざま。
最低限移住までに調べておくこととして、移住費用やビザ、現地特有の文化や病気を確認しておくことは重要です。
ある程度情報収集した後は、海外移住フェアや移住コーディネーターに相談して自分にとって最適な移住計画を立てましょう。

 

 

一覧に戻る

Contact

お問い合せ

どんな些細な事でも結構です。ご相談、お見積りなど、お気軽にご連絡ください。